好きなものを好きなだけ

GACKTとジャニーズを行ったり来たり

幸せすぎて幸せ。

あーーー幸せだなぁ。私MADE担で幸せだ。(ため息)





NEWSツアードームオーラスから早半月程が過ぎようとしている。
シゲの言ってた事は本当だった。



入り口はあるけど出口はなかった。


まだネバランの世界をふわふわしている自分は何とか毎日の仕事に追われながらも、毎日あの時の景色を思い出して泣いています。それにしてもネバラン明けてからの仕事が死ぬほど忙しくて、神様ってご褒美の後にこんな試練もってくんの??え?これ乗り越えたらまたご褒美くれます??って感じ。ザ・社畜




もしかしたら今年最初で最後になるかもしれない東京ドーム。去年はアリーナのものすごい良席だったから、今年の構成でスタンドってバック担としてどう楽しめるかなとやけに落ち着いてた自分がいた。
でも、隣に大好きなお友達がいて、ネバランの幕が開けた瞬間に、



東京ドームっていいなーーーー!!!(大の字)


って思った(語彙力)。

本当にスタンドからの景色は鳥肌立つほど美しかったし、水と炎と光操れるジャニーズと言ったらKAT-TUNみたいなとこあったから、NEWSも操ってきたーーー(号泣)ってもう……初っ端から手を合わせてNEWSを拝み倒しました。


ここからはMADEの秋山大河くんのことしか書かないんですけど。でも記憶として、記録として残しておきたいので書きます。ただのしがないJr担の感想です。少しでも、「コイツの言ってるMADEって誰??」と思った方はJr情報局かJwebのJrページへどうぞ。かっこいい4人組高身長のお兄さん達が皆様を沼へとご案内致します。いらっしゃいませ、お嬢様。






やっぱり汽車が扉の向こうから見えると胸がドキドキした。アリーナの時と変わらずに「出発しんこー!!」ってする君が本当に大好きで。隣の友達と顔合わせてキャーキャー言ったね。
DTFの時の映り込みは「ないすぅーーー(手越)!!!」でした。髪色真っ黒だね、去年から君はドームに来ると黒染めしたくなる呪いにでもかけられているのですか??ちょっとおばさんにそこんとこ詳しく聞かせてください。
距離が遠くても全然関係なかった。ありがたい事にゼロズレ正面が多くて友達と何回腰を抜かしたでしょうか。遠くで踊る君は、アリーナでみるより大きく見えて、全身から楽しいが溢れ出していて。何でだか分かりないけど涙が出ました。
サイレントラブは、もう言うことないです。さすがクリエでネタにするだけの事はありますね。特技はジャケットをはだけさせる事ですね。魅惑の腰つきご馳走様でした。
MCでも本当に夢のようなひと時をありがとう。友達とその日一番のどちんこ飛ばしました。地団駄踏みました。ちゃんとNEWS先輩と林拓音くんにお礼言ってね、特に拓音くんね。あの時のあやめが頭から離れません。君のあやめには物語があります。いえ、それだけじゃない、君のダンス全てに沢山の物語がありました。その物語をまたすぐ見たいんですけど現場どこですか?切実です。

そしておりひめは大切な大切な曲になりました。いっちゃん、冨岡くん、お疲れ様でした。少プレでのおりひめを見た時、一気に私が見た8回のおりひめを思い出して泣きました。美しいおりひめをありがとう。NEWS先輩もありがとうございました。









そして、MADEのお嬢様達の大事件。


MADE、フロートにのる。








嬉しいとかそんな簡単な言葉じゃ表せないくらい、自分が見ているこの景色が尊くて。4人がキラキラ輝いていて。たくさんのNEWSファンやお嬢様達(MADE担)にめいっぱいのスマイルを振りまいていて、幸せそうな君たちを見ていて私も心から幸せになりました。こんなに最高の景色を見せてくれたNEWSとMADEになんてお礼をしたらいいだろう。友達と団扇振り回す(迷惑)ことも忘れて、「MADEが……MADEが本当にフロートに乗ってる…………(号泣)」ってひたすらに双眼鏡覗いたね。こんなに幸せでいいのかな。クリエから続く幸せに浸りすぎて、さらにこんなでっかい幸せぶっ込まれたもんだから頭が追いついていかなかった。


これから何かしんどいことがあっても、あの景色を思い出せば全然平気。







願えば叶うね。







本当だね、大河くん。1つずつ大河くんの、MADEの夢が叶ってるね。おめでとう。偶然なんかじゃない必然の結果だと思います。
クリエで見た景色も最高だったけど、ドームでフロートから見た景色はどうだった??MADEとお嬢様達だけであの景色を見たいね、見ようね。どんなに遠くても、願えば叶うんだよ。



そして2017年6月20日。



「MADEにおまかせ」が始まった。Jweb連載。MADEの初連載。結成9年目にしてやっとMADEだけのページができた。これもまた一つ夢が叶った瞬間で。嬉しかっただろうな。合同クリエでお嬢様達の前で自分たちの口から直接報告が出来て。事務所の大人達本当にありがとうございます。MADEにまかせてくれてありがとう。







お嬢様の幸せはMADEにおまかせ下さいね。

ずっと幸せにします。








こんなこと言われたらずっとお嬢様でいなければとおもってしまうじゃないか。いや、もう思ってるんだけど。泣かせるなよ。何回嬉し泣きさせるんだよ大河くん。








大河くんの、MADEの、次の夢はなんですか?



絶対叶えようね。これからもお嬢様で居させてね。
クリエから先週のMADE初連載まで、数え切れないほどの幸せをありがとう。










それじゃ、また明日♪

MADEクリエのこと。

ずっとずっと待ちわびていた日。この3日間のために生きてきたと言っても過言ではなかった。MADE単独クリエ、しかも初日が私の誕生日で、決まった時はこんなにこんなに嬉しいことは無かった。

今回MADE単独は2年目で、初単独を見れなかった私にとってはこれが初のMADEクリエ。彼らが一番前でスポットライトを浴び、彼らのやりたいことを沢山見れる。ずっとMADEがそこにいる。途中ではけて行ったりしないMADEが主役のステージ。
ああ、一年前を思い出す。まだ駆け出しのMADEファンでクリエなんて当然チケットを手配出来るわけでもなく枕を涙で濡らしながらレポを読みまくったっけな。

あの日から約一年、私はシアタークリエにいて、MADE担がわんさかいる中でお友達と緊張が頂点に達していた。シアタークリエについて泣き、「本日初日」の看板を写真に収めては泣き、当日券の人数の少なさに泣き← 会場に入るとありえないくらい狭くて、席についた瞬間友達と無言になった。手が震えた。歯がカチカチなった。


「今日は私達の命日になるね」

と友達と冗談を言ってみたけど全然笑えなかった。本当に死ぬんじゃないかと思ったから。

開演時間ぎりぎりに幕の向こう側で円陣を組む声が聴こえた時に友達と抱き合って号泣した。ダンって足を踏む音が、振動が伝わる程の近さで、立っているのもやっとだった。
間もなく暗転がかかり、バックミュージックがなりライトがチカチカ幕を照らす。ゆっくり幕が上がっていく。


スモークが隙間から客席に広がり、その奥から4人の影が見える。つま先、足、お腹、胸、腕、、、
そして最後に客席を真っ直ぐ見てポージングをしている4人の顔が見えた。
「ありがとう、大好き大好き大好き!!!」もう涙腺が崩壊して友達とお互いの体を支え合いながらこれから始まる「MADE喫茶」の世界に胸が熱くなって気分が最高潮まで達した。本当に今日この場所にいれてよかった。神様仏様ありがとう。MADE、事務所、ファン、みんなにありがとうって何回言っただろう(うざい)


言うまでもなくセトリも完璧でかっこよくて可愛くてエモかったので、一曲一曲感想言っていったらキリないので、セトリだけは自分の為に残しておこうと思います。



ジャニーズ銀座2017 D公演 MADE 5/18~5/20
全5公演 @シアタークリエ

1 EMMA(NEWS)
2 FIRE BEAT(Kis-My-Ft2)
3 CARNIVAL NIGHT part2(嵐)
4 愛のmelody(V6)
~挨拶、ここからMADE喫茶の始まり~
5 Hey! 和(KinKi Kids)
6 台風ジェネレーション(嵐)
初めの二宮セリフを毎回ジャンケンで誰が言うか決める。(とみ、いな、のぶ、のぶ、大河の順番)
7 Butterfly(KAT-TUNの赤西上田デュエット)
8 We are the T&T(タッキー&翼)
9 LIS’N(NEWS増田ソロ)
10 Don't You Get It(嵐)
11 前向きスクリーム(関ジャニ∞)
~MC~
後半始め冨岡のセリフから12曲目へと繋がる
12 Smile(Kis-My-Ft2)
~MADE事件簿コーナー~
*冨岡 SHOCK ME(NEWS)
*稲葉 Real Face(KAT-TUN)
*秋山 ロメオ(NEWS小山ソロ)
*福士 Jr紹介
13 スギルセツナ(Hey! Say! BEST)
14 supersonic(嵐) バックJr曲
15 限界メーター(TOP3)野澤祐樹メイン
16 やっちゃった!!(舞祭組)
17 BYAKUYA(NEWS)
18 Wonder(NEWS)
19 Crazy Rainbow(タッキー&翼)
20 MagicPower(Hey! Say! JUMP)
21 エナジーソング〜絶好調超!!!!〜(嵐)
~アンコール~
22 世界に一つだけの花(SMAP)冨岡ピアノ
23 NYARO(NEWS)
~Wアンコール(オーラスのみ)~
24 恋祭り(NEWS)



どうですかこのセトリ。本当にどこをとっても可愛くて楽しくてかっこよくて、エモいMADEが沢山見れました。本当にずっと飽きなかった(当たり前か)
特に本編最後のエナジーソングなんて初日、のぶたいが泣くし、オーラスはとみたいが泣くしでこっちまで泣けた。歌詞に「この5人とみんなが集まったら」的な歌詞があるんだけど「この4人」て歌詞を変えていて、みんなで手で4をつくって肩くんで。本当にこの4人でMADEをやってくれていて良かった。人数は減ってしまったけどこの4人でMADEを続けてくれていることに本当に本当に感謝した。またMADE担とMADEで集まってバカ騒ぎしようね。
Wonderでも「We are fantastic 4」ってあるんだけど、とにかく「4人」てのを今回大切にしていて、そこからJバックJrとファンも含めて「みんなでひとつ」というコンセプトでこのMADE喫茶は作り上げられた(大河くんがそう言ってた。構成、セトリ、ダンス全て秋山大河くんが監修してます。うちの子凄くないです?←)ので、敢えてソロコーナーは無かったし、バックJrがすごい目立っててイキイキしてて皆が主役だった。

本当にMADEはバックの使い方が上手いんです。MADEのバックにつかせてもらうってすごい美味しいと思うんです。自信持って言えます。若い無所の子達は是非MADE兄さん達に来年のクリエつかせて欲しいって頼むといいよ←
これはMADEが先輩達にしてきて頂いたことで、それを自分達もって。なかなか簡単に出来ることじゃないと思う。限られた自分達だけのステージで、MADEを存分に押していきたいところをバックJrの子達をこんなにも目立つ所でずーっと出ずっぱりな状態で使ってくれて。そういう所も本当に尊敬するし、やっぱり秋山大河天才かなって、、思います(モンペ)

あ、それではバックJrの紹介を♡
はるはること渡辺大輝(はるき)くん、おりひめ兼強火嵐担の新藤樹力(いつき)くん、シャドーマウンテン影山拓也くん、元noon boys(いいとも青年隊)の野澤祐樹くん。この4人、計8人で全5公演走りきりましたー!!!みんなNEWSバックについてる子達なので、NEWSもあり、クリエもありで本当に大変だったろうに、「楽しかったよね!!」って言ってくれて本当に嬉しかった。4人ともすらっとしてて(いっちゃんだけちょい小さいかな?)8人が並んだ時の景色が、まーーーーかっこいいんですわ。足長っ!みたいな。大河くんの無理難題な注文にもちゃんと答えてくれたようで……本当にありがとうねぇ(´;ω;`)
MCでの楽屋の雰囲気そのままみたいなノリが最高でした。皆すごいわちゃわちゃしてて、本当に仲いいんだなーNEWSの時も楽屋でこんな感じなんだろーなーって微笑ましかった。これからもMADEと仲良くしてね、4人のみんなー(´;ω;`)
この4人、それぞれ個性が強くて、ダンスもきれっきれだしかっこよくて知れば知るほど沼の予感しかしないので、是非皆さん注目して見ていただければ。MADEクリエに来れなかった方も、まだNEWSがあります!和歌山、広島、そしてドームがあります!特に新藤くんはおりひめで冨岡くんとシンメやってます!本当にあの子のダンス美しいから見てください。あのこの踊るおりひめには物語があります。見えます。
あと私の激推し影山拓也くんはなんと!Kis-My-Ft2のバックにもついてるんですねー。DVDで序盤にでっかく可愛いお顔が抜かれてるので是非キスマイ担の方は見てみて下さい。私はそれで影山くんを知りそこからひっそり応援してます。



……バックの紹介に熱が入りすぎてしまったが、とにかくこの5日間は本当にただただ幸せな5日間だった。MADEがステージの真ん中にたってみんなの歓声をたくさん浴びる場所をまた来年も作ってあげたいと思った。私が出来ることなんてほぼほぼないと思うのだけど、事務所に想いを伝える事しか出来ないけど、また来年幸せになりたいから、声を大にして「MADEクリエお願いします!!!」と言い続けて来年のクリエ発表を待ちたいとおもいます。
ダンスク様にもまた特集組んでもらうようにお手紙書かなきゃだし、事務所様にもMADEクリエのお礼しなきゃだし、、まだまだぼーっと浸っている時間はなさそうだ。それに宇宙Sixとの合同クリエが今日から始まる。あー行きたかったな。



今日から仕事でまた現実と戦わなくては行けないので、しばらくたってからきっと壮大なロスが襲ってくるんだと思います。意外と私まだそこまでロスってない。まだ、今はまだすごい幸せだった事でお腹いっぱい胸いっぱいです。




MADEありがとう。冨岡くん、稲葉くん、福士くん、そして秋山大河くん本当にありがとう。これからもずっとずっと大好きです。あなた達がステージに立ちたいと思っている間は全力で応援させてね。輝く4人を少しでも長くみていたいです。
合同も怪我なく走りきってください。







MADEに出会えて本当に幸せです。D(ディー)プな公演を本当にありがとう。お疲れ様でした。単独公演2年連続おめでとうございました♡♡







あーー心の底から大好き!!

今更ですがやっぱり自分はアイドルが好きだ。

こんにちは。只今NEVERLANDにどっぷり頭まで浸かっている私です。


いやー・・・やっぱりアイドルさいっっっっっっこうでした(ちょろい)。
かっこいいとか楽しいとかはもちろんであったが、やっぱりNEWSのコンサートは幸せに満ち満ちている。
今回ももれなく幸せだった。やっぱり私の中でダントツ幸せな空間を提供してくれるのはNEWSのコンサートだ。
まず本人たちが幸せそうに、楽しそうに歌い踊り、ファンのみんなに手を振ったりファンサしたりしている。「ありがとう」といってくれる。・・・いやいやこちらが心の底からありがとうである(涙)
もうそれだけで、その光景を見ているだけで涙が出そうだった。最近ほんとに涙腺が緩くて困る。みんなおばさんを泣かせないで。


今年私の中でコンサートに行く際の目標が一つある。
それは「オーラスではなく、初日に行く」ことである。

ネタバレのしようのないみんなが初めての日に私も参加してみたかった。



入場した瞬間みんなの感嘆の声が漏れる。みんなの目がキラキラ輝いている。「ああ、札幌まで来てよかった」とそれだけで思った。初めてをみんなで共有しあってこれから始まるNEVERLANDの世界に思いを馳せる。
どこから彼らは登場する?初めの曲はやっぱりこれかな?今回のセットリストは懐かしい曲が入っているのだろうか?
考えれば考えるほどドキドキした。楽しくて嬉しくて泣きそうだった。


ネタバレはここでは避けたいと思うが、とにかくやっぱりNEWSって世界観とか一つのテーマに沿ってコンサートやらせたら天才だなと。毎回凝った内容で、今回はコンサートが始まる前から布石が散りばめられていたりして飽きがまったくなかった。
彼らが登場するまでのドキドキの持って行き方が今回が私は過去3年(コンセプトがあるライブ)の中で一番好きかもしれない。一気に頂点までボルテージが上がるあの演出考えたの誰。天才か。ありがとう、好き(何)



そして私の中でもう一つ自分の目で確かめたいことがあった。



それは小山さんのこと。前の記事でも書いたが、彼のことだからこの初日はきっととてもとても怖かったんじゃないかと思う。それでもこのコンサートは彼にとって「仕事」である。彼の仕事に対する「覚悟」を見届けたかった。




これはあくまでも私の主観であって、みなさんとは違う見方をしているところもあるかと思いますがご了承下さい。




彼はすごく緊張している顔で登場してきた。いい緊張と捉えることもできるが私には不安からくる緊張のようにどちらかと言うと見えた。花道を歩く時いつもならファンの顔をまんべんなく見て優しく手を振る彼が、まっすぐに前を見つめてあまり手を降っていなかった。スタトロ最前からみた小山さんの顔はこわばっていた。目の前のファンたちのうちわをみるのに必死で遠くまで見渡す余裕が無いように感じられた。・・それともたくさんのうちわをみるのが怖かったのだろうか。


すごく不謹慎だけどもそんな小山さんの顔はとても美しかった。かっこよかった。そんな顔をする小山さんがとても愛おしく感じられた。あとほんとにただただ単純にとてもイケメンだった(大真面目です)
ほら、やっぱり私はますます小山さんが好きになってしまったではないか。


途中途中「お、いつもの小山さんに戻ってきたかな?」と思ってもやっぱり初日は違った。小山さん個人に関しては初日もやもやが残る形となった、というのが私の正直な感想である。




今現時点で宮城公演が私の最新の小山さんを見る機会だったのだけれど、初日とは全然違った。私の知ってる小山さんがいた。お空に指を指してくれる小山さん。宮城のことをいつまでも想ってくれて最後はないちゃう小山さん。ドヤ顔でファンサする小山さん。アリトロでわずか50cmほどの距離で指さされた時は(友達のおこぼれ)「小山さんイケメンかよ―!!!!!!!」って思わず指差し返して叫んだ。なぜか私キレてた。だってあんなに美しい顔でアリトロから乗り出して来るんだもの思わす後ずさってしまったではないか。眩しすぎて腰抜けました。


なにはともあれ小山さんが「僕達がついてます!明日から頑張れるかー!!」がやっと聞けたので私は感無量でした。
そうそう、それでいいんだよ。小山さんとってもいい仕事しているよ、だいすき。ありがとう。と思ったのでした。







そうやって今日まで過ごしてきてふと思ったこと。


アイドルのどんな裏側(ホントか嘘かはまず置いといて)を耳にしたって、今自分が見ている、目の前で輝いている彼らがが全てだな、と。その姿がどうしようもなくかっこよくて、たかいたかい手の届かないところにいて、美しくて。そんなとき私は「この人は本当に生粋のアイドルだなあ、仕事人だなあ、ほんとにかっこいいなあ」と語彙力無い言葉を並べるだけで、そのときにはすでにあの忌まわしい噂など全く頭から消えていた。


それでいい。自分にもそれでいいんだよと言えた気がした。






幸せだった。胸いっぱい幸せだった。それでいい。私にはたったそれだけでいいんだ。

それでも好きならどうすればいい?

先日あんなブログを書いたと思ったらまさか自分が当事者(?)になるとは思わなかった。

一昨日携帯のニュース一覧に自担の名前を見つけた。三秒して心臓がバクバク鳴った。静かな部屋の中で自分の耳に心臓の鼓動だけが聴こえた。一瞬目がチカチカして眩暈がした。



「きた。とうとうきてしまった。」




とりあえずはそう思った。その時はそれだけだった。



私は自担の恋愛には寛容なつもりでいた。だから先日の事だって自分が好きな人が好きになった人が少し残念な結果だったんだな位にすぐ切り替えることが出来た。ツアー前にこんな事で勝手にモヤモヤしたって仕方ないと、ここ最近は来月が楽しみで仕方ないと思えるようになった。




小山担の皆さん本当にごめんなさい。



私は全然わかっていなかった。大人ぶっていただけだった。本当に寛容な「つもり」なだけでした。私は今回のことに関してすごく「苦しい」と思っている。「悔しい」でもない「悲しい」でもない、「頭にくる」とも違う。

苦しくて苦しくて勝手に涙が出てきた。
昨日から見たくない気持ちの裏でどこか安心材料を探したくて自分で自分を追い詰めてしまった。


とりあえず文字にしたら自分の気持ちが少しは整理できるかとこれを書いて見たけど全然だめだ。普段から何か刺激のあることに触れると零れるのはうざったい位の沢山の言葉なはずなのに、今零れるのはなんで流れてくるのかわからない涙だけだ。














ねぇ、横尾さん?私ね横尾さんがそういう人だってどこかわかってたんだよ?そういう不安定で不完全な人だって。だから今回の事だって意外と不思議じゃない自分がいました。
ここ最近のキスブサとかね、ちゃんと読んでないことも多かったけど雑誌のインタビューとかね、これ横尾さん大切な人できたなぁってふと思うことが沢山あってね?すごいでしょう?好きな人のことって不思議と分かるもんなんだね。

怒ってはいないよ。でも苦しいな。

だって横尾さんが大好きだから。
横尾担だからさ私。
改めて横尾さんに心底惚れてるってことを今私の眼から零れてくる水が教えてくれています。



再来月ね、横尾さんに会えることになったんだ。会いに行ってもいい??でもさ、でもさ、、、


今すごく怖い。ちゃんと見れないかもしれないよ。









純粋な、いい子ちゃんなファンでなくてごめんなさい。
横尾さんごめんなさい。



でもそれでも好きならどうしたらいい?

アイドルだってにんげんだもの

アイドルって本当に大変な仕事だ。



自分の身体を商売道具にして我々に夢や希望を与えてくれる。
テレビの向こう側で、ステージの上で、、、たくさんの歓声を浴び、そんなにキラキラ輝かれたらそりゃあ同じ人間だって言われてもどこか一線を引いて彼らを見てしまう。生身の彼らを目のあたりにしても尚、あれは本当にその人だったのか、存在していたのか、なんて思ったりする。


私はどこまでも完璧でいる彼らを見ていて心の底から惚れているし、尊敬している。でもたまにその完璧さに自分に自身をなくしたり、彼らを応援していくことにしんどさを覚えたりもする。
そんな時彼らが不意に見せる私たちと同じような「人間臭さ」に堪らない萌えだったり、親近感だったりを覚えてまた更に彼らの沼に沈んでいく。一種のギャップ萌えというものだろうか。



私は完璧なアイドルにあまり惹かれない。少し個性的だったり、どこか不安定な所がある人が好きだ(横尾さんなんてまさにそれ)。完璧な人が嫌いな訳ではないのだが、そういう人を好きになっても長く好きではいられない。そんな人を担当にしたら毎日がとっても幸せだと思うのだけど、きっとすぐその幸せに慣れてしまってどこかで飽きが来てしまう性格なのだ。(クソ)
事実私が大好きな人たちはそれぞれにどこか不安定な所があって、胸がざわざわする事もしばしば。でもココっていう時に絶対彼らは裏切らないのだ。ちゃんとファンの気持ちをわしづかんでくる。それが堪らない(ドMヲタか)


そして私はとんでもなくチャラ男が好きです(?)
無類のチャラ男好き。私生活でも惹かれるのはコミュ力最強のイケメン(ここ大事)チャラ男だし、ジャニーズで押している人もチャラ男(語弊)。まぁただチャラいんではなく、人に可愛がられるチャラ男、礼儀をわきまえた愛されキャラが大好きなのである。そこにイケメンというエッセンスが加わればこれを最強と言わずしてなんと言うのか。

だから私は初めて彼を見た時に一目惚れした。チャラ男なのに主役にはなれない、どこか不安定な人。長い期間を経てようやく遅咲きのジャニヲタになった時にも、少し形は変わっていたけど中身は変わっていなくて。やっぱり彼にもう一度一目惚れした。


チャラ男な一面がありつつも真面目で涙脆くて、ファンをいつもあったかい目で見ている彼が好き。私だってもうそこそこいい年だし、それより年上の彼が私生活で愛する誰かと寄り添っている事くらい特に何の不思議にも思わない。ってかそうでいてもらわないと困る。チャラ男で女の子に困ってないよっていう雰囲気、それでいてファンの気持も離してくれない、そういう所が「最高かよ」と思うのだから(アホ)


でもそれはあくまでも私の中での勝手な妄想の話であって。妄想だからこそ楽しめたり考えすぎたりしないのであって。
今回みたいに具体的な名前、顔、場所、、そういう情報が入ってくると話は少し複雑だ。ちょっと「人間臭さ」がすぎる。そこはうまくベールに包まれてて欲しかった。







結局私達は実に我侭な消費者だなと(表現が悪くてごめんなさい)。女っけがなけりゃ心配しといて、匂わせたら幻滅する。ほら、こんな事考えてると相手はもとより自分の気持ちもわからなくなって自分に対してもマイナス感情が生まれてくる。





あと半月とちょっと。彼はどんな顔して私達の前に立つんだろう。きっとどういう形であっても厳しい意見があるに違いない。

プロって大変だ。アイドルって大変な仕事だ。

プロなんだからしっかりしろとよく私達は言うけれど、「しっかり」ってなんだろう。基準はそれぞれにあるわけで、きっと今回の事だってそうだろう。ただ否定的な意見の方が表に出やすいだけの話だ。





私は来月きっとそんな不安定な彼を目の当たりにしたらまた好きになってしまうんだろう。なんだかんだでそういう弱い不完全な部分があるアイドルが好きなんだ私は。
ステージから去って裏にはけるまではどうか彼には心から楽しんで欲しいし、楽しませて欲しい。笑顔を見せてほしい。それが私の考える「プロだからしっかりやる」ことの1つだ。



ドキドキする。ざわざわする。私は彼らの後ろで踊るあの子に会いに行くのだけど、大前提に「彼ら」に会いたいというのは変わらない。毎年たくさんの幸せをもらっているから。ジャニーズイチ幸せなコンサートは彼らの作り上げるステージだと思っているから。


今はただ彼が今何を考えて過ごしているのか、ほかのメンバーはそれをどう考えているのか、コンサートが無事に幕を開けるのか。


私が考えたところでどうにもならない事ばかり考えている。





ほんと、アイドルだって人間なんだな。アイドルって大変な仕事だな。

自担で始まる2017

早いもので2017年が始まってもう10日だ。こうやって今年もあっという間に1年が過ぎ去って行くのだろう……本当に歳とるって怖い。10年前は1年が長くて長くて仕方なかった気がしたのに、今では「本当に月日が経つのはやくないです?」って職場の人と3日にいっぺんは言ってる。おばさん辛い。

さて悲しい前置きはそこそこに去年の振り返りと今年の抱負など書きなぐっていこうと思う。



1.今年やりたいこと
~現実世界編~
《今年は是非九州か京都か海外に旅行に行きたい》
早ければ3月に長崎へ。キスマイナガサキが3月いっぱいの予定なので、是非そこで初九州キメたい。でもできればそういうジャニーズ関係なく行きたいところへ行きたい。人それぞれだが、私は現場のない旅行の方が何百倍も楽しいし人生を豊かにしてくれると実際感じているので、そういう機会を1度でも作れたらまたひとつヲタ卒へ一歩前進できるのではないかなと希望を持っている。

《コスメを楽しみたい》
これは去年の秋から急に化粧というものに興味が湧いてきて(遅)、デパコスデビューしてみたりプチプラだけど可愛くて優秀なコスメを試してみたりしている。それを今年も続けていきたい。今絶賛ベースメイクとリップコスメにはまっているので石原さとみちゃんのような唇とツヤ肌を手に入れるべく日々ネットや雑誌で情報収集している。新しいコスメはすごく心がときめく。はやくそれをつけて外へ出かけたいと思う、短時間の外出でも化粧しようと思う、すごい魔法だ。今年は色々なメイクに挑戦して女に生まれたことを思う存分楽しむ1年にしたい。

~ヲタ活編~
《大河くんを中心に》
ヲタ卒がどうのこうの言っててこれだからジャニヲタってしんどい。去年は自分にとって大きな出来事があった。それはMADEの秋山大河くんを推すようになったことだ。去年NEWSツアーには大河団扇で入るようになっていたし、10月はえび座に全精力を尽くして大河くんだけを追い続けた。最近全然買ってなかったドル誌も欠かさず買った(MADEたくさん載せてもらって本当に良かったね……泣) 嵐コンはお留守番組だったけど毎回レポを漁っては、その合間の歌特番でNEWSや嵐のバックに目を凝らしたりしていた。
去年MADEクリエを泣く泣く諦めたので、今年はなんとしても入る気でいる。去年あんなにエモくて大好評だった苦労人MADEの安定したパフォーマンス満載のクリエ……(日本語めちゃくちゃ)。そんなすばらなMADEクリエ、今年も絶対あると思ってるしスケジュール帳と今からにらめっこしてるからどうか大人の方MADEをよろしくお願いします(土下寝)

《最後もやっぱりキスマイ》
去年のキスマイのツアーは2公演しか行かなかった。(しかっていう感覚がもう既におかしいのかも知れないが。)でもすごく心が満たされたし、改めて私はキスマイが好きで、中でも横尾さんから離れられないなまだまだ…としみじみ思ったのである。そこから私は今キスマイといい距離感でいられるようになった(ただのしがないファンでしかないのに偉そうにごめんなさい)。周りの意見に流されず、今のキスマイの置かれた環境はどうあれ、「キスマイが好き」という事実は変わらない。年が明けて舞祭組の「道しるべ」を聴いて特典の合宿映像を見て、改めてキスマイへの大好きが溢れてきた。
そんな時に急遽始まったハイタッチ会。まさか2017年の現場初め(?)が自担から始まるなんて。4人の姿を見て胸が苦しくなった。そして自担の手に触れわずか数十センチ先の神々しい顔を目の当たりにして足がガクガクした。ジャニヲタになって初めて腰を抜かした。
抜け殻になりながら帰り道で思った事は「やっぱりなんだかんだ私にはキスマイが必要だ…横尾さんから離れるなんてできるかよ……」です(ちょろい)
いちキスマイ担としては去年SMAP兄さんの件が露呈してからのみっくんや舞祭組みるの本当にしんどかったんですよ。歌番組のキスマイのよそ者感とか(個人の意見です)見ててその度にわけもわからず泣いてた。
でも彼らなりにすごくもがいてるのが伝わってきてるし今は不安な事も沢山あると思う。でもキスマイってかっこいいグループなのだ。あの今を生きている感じ、やや不安定な感じ、、7人にしか出せない色があるのだ。好きだからこそ厳しい意見を言ったりもするが、結局キスマイが大好き、というところに落ち着いて涙するめんどくさいヲタクなので今年も自分なりの距離感で7人を応援していきたいと思っている。



という事で今年は去年ほど現場数は変わらなくともその中身や重きを置くところががらっと変わる気がしている。楽しみ。
去年出会えた皆さんと今年もお会い出来ますように!


今年もよろしくお願い致します!

宇宙に想いを馳せる

今日はですます調で書きます。ファンの方々の手前、淡々と語るなんてできませんでした……でも何かしら今の自分の気持ちは残しておきたくて書きます。気分を悪くされた方がいらっしゃったらすみません。




2016.11.11にThey武道が結成8周年を迎えました。


私がキスマイの沼に落ちて間もなく、7人のJr時代のDVDや少クラを見漁っている中、ある4人組のJrユニットに目が止まった。キレのある揃ったダンス、綺麗に舞うアクロバット、そしてキラキラしたJr特有のアイドルオーラ。


それがThey武道でした。

私が初めて認識したジャニーズJr。顔と名前が全員一致していたユニットであり、Jrってすごくかっこいい!!と新しい出会いにワクワクしてましたあの頃。
そこからM.A.Dの複雑な歴史を自分なりに調べたり、MADEという弟分ユニットが生まれたこととか、みすのなどの存在を知り、Jrの沼ってこういう事か……とJr担の大変さの全てを知る前に私はそっとJrの世界への扉を閉じました。

それでも何故か、They武道だけは陰ながら応援している自分がいて。中でも私は高橋竜くんと山本亮太くんから目が離せなくなってしまって。でもThey武道を知って間もなく、1人はジャニーズの人ではなくなってしまって。きっとこのまま、画面の中だけでThey武道をひっそり応援していくんだろうなと思っていました。

それからプレゾンのお知らせが来ても、生半可な奴がいっても失礼になるし、Jr担にはならない(なれない)と勝手に意地になって行った事はありません。そうこうしているうちに青山劇場が去年無くなってしまいました。

後に発売されたDVDを見ながら、ああ、、こうやってまたThey武道に会える機会が1つ減ったなぁ……なんて1人でがっかりしてみたり。でもそれよりもやっぱり3人の雰囲気とか仕事っぷりに完全に惚れ込んでる自分がいて、画面の中で見ているだけでも十分幸せで、気づいたら江田ちゃんも林くんもまるっと3人が大好きになっていました。お客さんと一緒に自分達もめいっぱい楽しんで、誇りを持ってステージで輝いてる3人が大好きになっていたんです。

去年の滝沢歌舞伎、気づいたらThey武道(となべしょ)ばっかり目で追ってたなぁ。りょーちゃんのでっかい声とスマイルに顔が( ◜ω◝ )になったり、林くんの声と顔に似合わない(失礼)ダンスのキレにわなわなしたり、江田ちゃん…生で見るとこんなに可愛いセクシーバイオレンスなのね…噂通り……と手を合わせたり。MADEをちゃんと見てなかったのが今となっては悔やまれるんですけど、でもそれくらいThey武道は私の中で大きな存在だったんです。いや存在なんです。

えび座では3人一緒ではなかったけれど、They武道の名前を背負ってJrをひっぱる2人は本当にかっこよかった。何に置いても抜きん出ていて、ベテランってこういうことか…と思い知らされました。
でもふとえび座が終わった時に、大河くんをこれからも応援して行きたいって改めて決心したときに思ったんです。


いつまで彼等を見ることができるんだろう。


って。

その時にまずMADEよりThey武道のことが頭をよぎりました。They武道はいわゆるアラサーの3人組で、ベテランJr。ジャニーズJrの不安定さはこの1、2年で少しはわかったつもりでいましたし、MADがひとりになった時なんてコタ担の気持ちを考えるといたたまれなくなりました。きっと長く担当をやってきた人達は毎回なにかの現場がある度にその覚悟をもって、不安と戦っていたんだなと。デビューっていう夢を彼らに託して応援していけば、それがかなわなかった時どれだけ辛いんだろう、正直デビューをせずとも彼等の立つステージがあればいい、彼等がそれを望むならそのままでもいいと思ってしまう自分もいて。でもその人達が急に目の前から消えてしまったら……?


去年NEWSや嵐のバックで踊っていた人が今年は何人か減りました。私が密かに毎回生存確認していたJrもいなくなりました。

今年嵐にコタはいるのかな、当たり前って思ってるけどThey武道はまだThey武道でいてくれてるかな。と妙にドキドキして迎えた嵐ツアー初日。11月11日。They武道の記念日。お留守番組の私はなんだかずっとそわそわしてた。










コタがいました。嬉しかった。本当に嬉しかった。


でもThey武道の名前が呼ばれる事はありませんでした。でも3人はちゃんとそこにいて。


3人の中にコタもいて、さらに2人、原くんと目黒くんがいて、6人並んでいたそうで。



宇宙sixって呼ばれてたんだって。



私はまだ……なんでしょうか、よくわかってません。宇宙sixって……なにその壮大な名前。めっちゃジャニーさんつけそうな名前やん……もはやThey武道なんて全然びっくりしない、普通の名前に見える……てか今更だけどThey武道てなんやねん……(結局)



もう「They武道ー!!」ってよばれる3人は見れないのでしょうか。They武道ができた日にThey武道が無くなるんでしょうか。
でもコタに仲間(所属するユニット)が出来て嬉しい気持ちもある。コタが一緒になるならThey武道しかなくね?っても思ってました。
でも、でも、、They武道これからどうなるんでしょうか。胸が苦しいです。
それにはらめぐがユニット組んだら、てらつぐは??あれ?よく知らないけどよく4人で雑誌乗ってなかった…?

各担当の方々も色々思うところがあると思います。
私は誰のことも担当としていませんが、応援していて、そんな私でも今思うことは、、










とりあえずThey武道が無くなるのはものすごく寂しい。They武道の〇〇です!っていう自己紹介が聞けない日がこんなに早く来るんです??

今は新ユニットへの気持ちより、They武道への気持ちが大きいです。


こんな事なら我慢しないで「They武道」の現場たくさんいっとくんだったな。









改めてThey武道結成8周年おめでとうございました!!!!(やけくそ)





まとまりのない文章でごめんなさいでした。