好きなものを好きなだけ

GACKTとジャニーズを行ったり来たり

キスマイ担がKAT-TUNライブに行った話

やっとあの時の夢のような時間から現実に戻りつつある。他担でもこんなに引きずるのかよ…KAT-TUNライブ最高じゃん…って話を今からします(唐突)


KAT-TUNの10ksコンが決まってから私は絶対東京ドームに足を運びたいと思っていた。だけどそんな軽率にハイフンと3人の間に首突っ込める程の勇気はなくて、すぐFC入れば間に合うかな?!なんて煩悩は全く浮かんでこなかった。DVDになるのを大人しく待とう…。と1人で鬱々としていた。



しかし4/29当日私は東京ドーム10ksコンに足を運んでいた。心優しいハイフンさんからチケットを譲っていただくことが出来たのだ。その時デビュー前からの赤西担を誘ったのだが、その子には私には到底測り知れない葛藤があって結局一緒にいくことはなかった。彼女は田中聖が退所して間も無くKAT-TUNという船を降りた。彼女は中学からの同級生で私をキスマイ、KAT-TUN沼に落とした張本人である。互いが休みの日にはたくさんのDVDを持ってきてもらって酒を飲みながら鑑賞会をした。私がKAT-TUNのDVDを全て見たことがあるのはこの子のおかげで、なんなら目的はバックについてるキスマイだった。しかし彼女の口からはここの仁がね…、この仁やばいの!!という風に赤西くんの名前しか出てこなかった思い出がある。初めはバック目当てで見ていたかつんライブだったが、そのうちKAT-TUNのライブって本当豪華で楽しくってカッコよくってジャニーズでは群を抜いてるよな…とキスマイ担として若干嫉妬していた。ハイフンさんにも嫉妬していた。こんなライブを毎回見せてもらえるなんてハイフンさんって本当に幸せ者だよなと。その話をした時彼女からあのお馴染みのセリフが飛び出したのである。




KAT-TUNライブでは天井が神席だから。




うそだろ…?それまでキスマイのコンサートしか行ったことのない私は耳を疑った。近くてなんぼのジャニコンでそんなことある?入れるだけ幸せなGACKT様のライブでもあるまいしと。(なんでもGACKTと比べがち。よくない。)


でも今までのKAT-TUNライブのDVDを見ていくうちにそれは確信に変わっていった。先日のライブでそれはさらに確固たるものとなったのである。当日3人が船にのり登場した瞬間今までKAT-TUNライブを生で見てこなかった自分を激しく後悔した。水の演出が東京だけだった事は知らなかったので、隣の方が「み、み、みずー!!!!水だー!!!!」と泣き崩れて初めて、東京で追加された演出なのだとわかった。

緻密に計算された光と炎と水のトリプルコンボ演出に最強の3人…十分すぎるくらい美しく、力強く、そして夢の様な時間を過ごさせていただいた。3人でこれなんだから6人の時なんてもう私死んでたと思う。何個墓作っても足りなかったと思う。


初めて生で見る3人(本当の初めては野球大会だったけど)はそれはそれは揃いも揃ってカッコよくて、特に中丸くんのイケメン具合には腰を抜かした。あの人のファンサこわいよ…ロバ丸こわいよ…(語弊)セックスシンボル亀梨ですら動揺する中丸様だぜ???あたしは中丸くんの手と首が大好物です(変態)


そしてその日私は迷わず上田くんの団扇を持って参戦したのだが、かっこいいと可愛いの比率がおかしかった。1:9で可愛かった。え?何これ、あたしが想像してた竜也とちゃうで…?いや、ま、まぁ薄々気づいてはいたけど可愛いが溢れてるこの子…。みたいな独り言ずっと言ってた。隣の方々ごめんなさい。何かにつけたちゃんが可愛いよ??言っててごめんなさい。

ブログでも以前書かせていただいたが、私はKAT-TUNでは断然上田くんのビジュアルが大好きだった。(当時バンギャだったからV系顏の上田くんは世のバンギャをズルズルカツン沼に落としたであろう)アンチの時でさえ上田くんなら良しみたいなとこあった。だから上田くんの過去のキャラ変は当時から全てちゃんと記憶していて、黒髪ウルフ最強説は自分の中で崩れてはいない。あ、甘栗も大好きです。

その上田くんはその日ずっとファンに丁寧にお手ふりをしていて、その顔は聖母と見紛う程美しく優しい眼差しだった。私は三塁バクステ寄りにいたので三輪車たつあもばっちり近くで愛でることが出来ました(合掌)かと思えば手榴弾投げるし、かと思えばキスキスのときの腰に頭パーンなるし、かと思えばピアノを奏でる天使になっちゃってるしで上田沼は深いやで…ともう既に溺死していたのは言うまでもない。

最後の挨拶で彼はまとまりのないたどたどしい言葉でKAT-TUNはまた必ず戻ってくるとしっかり前を見て宣言した。その前もって原稿用意してなかったんだな感が私の胸をさらに強く打ったのだった。正直でストレートな彼の言葉に救われたファンがどれだけいたことだろう。ああ、上田くんは本当にピュアという言葉が似合う人だな、この人にはずっと笑っていてほしい、毎日幸せが彼の元に訪れます様に、と胸に手を当てて強く願った。

こんなに不器用で、繊細で、素直な彼がよく芸能界でここまでやって来れたなと思ったが、やはりそれもファンがいるから、KAT-TUNが大好きだからという彼らしいピュアで真っ直ぐな理由からなのだろう。そんな彼をまた再出航の時に必ず見たいとしみじみ思った。


亀ちゃんは本当に最後の最後までKAT-TUN亀梨和也だったなーという記憶しか…(ごめん、たっちゃんしか見てなかった)とにかくMOONのときの公開〇〇〇に頭抱えた記憶しかありませんごめんなさい。あとゆっちとほっぺ触れちゃって動揺したちょろい亀梨和也の記憶しかありませんごめんなさい。

諸々後でちゃんと確認したいので早くDVD出してください(土下寝)


肝心のライブの内容はただただかっこいいが畳み掛ける様に押し寄せてきて、最終的にUNLOCKの時に鳥肌もんの特効と3人の揺るがないイケメン具合に吐きそうになった。頭がクラクラした。キスマイのコンサートではこの要素が一曲分あるかないかである。楽曲にも左右されるところはあるにせよ、少しぐらいKAT-TUNって可愛い演出もあるんだ♡って言うのがくるもんだと思ってたけど無い。最後の最後までKAT-TUNKAT-TUNだった。私はもともとバンギャで黒大好きでかっこいい要素100パーな感じが大好物なので、キスマイ担だけど胸を張ってKAT-TUNライブが一番好きでかっこいいと思っていると言える。





この景色をまた必ず見たい、いや必ず見れる日は来るんだけど、とにかく今は3人それぞれが心穏やかに些細なことで笑える毎日が来ます様に。世の中の悲しいこと辛いことから3人が守られます様に。3人の誰がか1人寂しくしていたら隣に他の2人が寄り添っています様に。




そんな事を考えながら私は1人東京ドームを後にした。その願いは今この記事を書いている今日まで片時も忘れていない。

私もKAT-TUNという船に乗っていいかなぁ?と誰にあてるわけでもない質問を毎日繰り返している。



ありがとうKAT-TUN。あの時we are KAT-TUN!!が出来てあの景色を見れたことは一生忘れないだろう。