好きなものを好きなだけ

GACKTとジャニーズを行ったり来たり

ここ最近の現場記録

ここ最近は自分的にハードな毎日を過ごしている。特に今月は疲れた。まだ29日にKAT-TUNがあるのにすでに体力の限界。おばさんつらい。



3月から私のライフワークであるヲタ活が本格的にスタートしたのだが今年はいいスタートを切れた。なぜなら私の青春そのもの、神と崇めているGACKT氏のツアーが今年の初現場だったからだ。しかし初っ端からぶっ飛ばしすぎている。危ない。体力も財布ももう悲鳴をあげている。

特に今月は仙台でGACKT氏のライブ1本、ジャニーズ野球大会(東京ドーム)、KAT-TUN(東京ドーム)ということで、地方のオバヲタとしては月に2回の遠征がギリギリの限界だなとひしひしと感じているところである。できれば2ヶ月に一回くらいで十分だ。

それに合わせてNEWSのチケットが届き、Kis-My-Ft2のツアーが決まり、GACKT氏のツアーは7月まで続く…。私の予定は既に8月までいっぱい。




しんど!!!!!

しぬ!!!





去年まではあんなに予定がどんどん埋まっていくことが嬉しかったのに今年は何でこんなにしんどいのだろう…。

最近そんなことばっかり考えているけど、やっぱり現場は楽しい。ジャニーズの現場も自分なりの楽しみ方が定着してきて、この前の野球大会なんか死ぬほど幸せだった。自担を他のファンにも応援してもらえる幸せ、他のグループの良さを知ることのできる幸せ、横尾さんを好きでよかった、今日来てよかったとあの日ほど自担に会える喜びをかみしめたことは初めてかもしれない。ファンサとか鼻から期待しない、彼らの野球に対するひたむきな姿勢をただ見つめ応援するだけのこの空間、最高かよ。(レポでも何でもなくてごめん…ただの感想文…)

私はきっとこういうスタンスで応援していくのがあっているのかもしれない。GACKT氏だってそうだ。あの人が見せる自己満の(←)世界観をただひたすらに飲み込み、家に持ち帰って噛み砕いて浸る…。そしてまた答え合わせのために同じステージを見に行くのだ。それでいい、、それがいい。そして彼の満足行くステージが出来ればそれでいい、そうして機嫌よく笑ってくれていたらそれでチケット代の元は取れているのである。



GACKT氏のライブにはあと2回か3回足を運ぶ事になっている。彼のライブに行く度に、私はやっぱりこの空気の方が合ってると思うのだけど、それでもまだジャニーズを卒業するだけの覚悟はない。まだどっちにも足突っ込んでいたいしそれぞれの泥沼に浸かっていたいなあとぼんやり思っている。だけど、ここ最近のキスマイの干され(?)感と身体の衰えにより私の気持ちは驚く程穏やかで、今年の現場を全て終える頃にはまた一歩ヲタ卒に前進できるかも。と内心ウキウキしてる自分もいる。


今後自分にどんな心境の変化が訪れるのか、我のことながらドキドキだし、楽しみである。





あー…にしても野球大会の渉最っっっ高だったな。ただのイケメン野球少年だったな。ヒット打った時の素の笑顔だけで白米3杯はイケるな。

ありがとう渉。まだまだ君の沼から這い上がれそうにはありません。